あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」

あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」 外装
あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」 外装あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」 開封した写真あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」 中身の写真

あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」とは?

京都を代表するお菓子「八ッ橋」。
あまりにも有名なお菓子なので、ご存知ではないでしょうか。

京都市が行った調査によると、京都を観光で訪れる人の30%近くが生八ッ橋を購入するのだそうです。
(※京都観光総合調査 平成28年 による)

もちろん八ッ橋を手がけるお店は京都にたくさんあります。

その京都に数ある八ッ橋屋さんの中でも、今回ご紹介するのは元禄二年(1689年)創業の西尾八ッ橋。

「京で一番古い八ッ橋屋さん」なんだそうですよ。

その西尾八ッ橋が手がける「あんなま」は生八ッ橋であんを包み込んだお菓子です。

西尾八ッ橋でもたくさんの種類のあんなまが販売されているのですが、今回は抹茶を使ったあんなまをご紹介しましょう。

京都といえば抹茶が有名ですよね。

「あんなま『濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん』」は抹茶を使った生八ッ橋2種類の詰合せです。

「あんなま『濃ぉ〜い抹茶』」は抹茶をぜいたくに練り込んだ濃厚な抹茶生地で粒あんを包み込んでいます。濃厚な抹茶の苦みがしっかりと味わえる生八ッ橋ですよ。

そして「あんなま『抹茶あん』」はニッキの利いた生八ッ橋で、抹茶を練り込んだこし餡を包み込んだもの。

抹茶好きにはたまらない生八ッ橋ではないでしょうか。それぞれ5個ずつ入って540円です。

あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」を食べた感想

深い緑色の生八ッ橋は「濃ぉ〜い抹茶」、薄い黄色の生八ッ橋が「抹茶あん」。

抹茶づくしのあんなま詰合せです。

あんなま「濃ぉ〜い抹茶」

濃厚な抹茶をイメージさせる深い緑色をした生八ッ橋です。

たっぷりの抹茶が練り込まれた生地は抹茶の濃厚な苦みが味わえます。

舌に触れた瞬間に感じる抹茶の苦みは、さすが濃い抹茶だけありますね。

もっちりと歯ごたえのいい生地を口の中でじっくりと味わうと、じわっと溢れ出る抹茶の苦みがおいしいです。

抹茶生地の中に包み込まれているのは粒あん。甘い粒あんは抹茶の苦みとよく合います。

あんなま「抹茶あん」

ニッキの爽やかな香りが印象的なのは「抹茶あん」。

口に入れるとニッキの爽やかな香りが口の中を満たします。

ニッキの生八ッ橋で包まれているのは、抹茶のこしあんです。甘くてなめらかな抹茶あんはほんのり抹茶が香る優しい味ですよ。

少しニッキが強いので、抹茶の味がかき消されてしまっているように感じました。

個人的にはもう少しニッキを抑えて、抹茶をもっと感じるようになっていれば良かったかなと思います。

あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」が買える場所

あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」は、西尾八ッ橋の各店舗オンラインショップ、駅などのお土産店で購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名あん入り生八ッ橋 あんなま「濃ぉ〜い抹茶・抹茶あん」
内容量10個入り
製造者本家八ッ橋西尾株式会社
製造者住所京都市左京区聖護院西町7
原材料【あんなま 濃ぉ〜い抹茶】砂糖、米粉、小豆、きな粉、抹茶、酵素、(原材料の一部に大豆を含む)、【あんなま 抹茶あん】砂糖、米粉、いんげん豆、きな粉、還元水飴、抹茶、桂皮油、寒天、酵素、(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1週間
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 14.4cm × 奥行き 21.2cm × 高さ 2.5cm
名産地京都府
販売場所京都駅
おみやげの種類八つ橋
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。