知立名物 藤田屋の大あんまき黒

評価★★★★★5
クチコミ1
藤田屋の大あんまきの外箱写真
藤田屋の大あんまきの外箱写真藤田屋の大あんまきの中身の写真藤田屋の大あんまき黒のカットした写真

知立名物 藤田屋の大あんまき黒について

愛知県を代表するお土産菓子の1つ知立名物「藤田屋の大あんまき」から、大定番の味 「大あんまき黒」を紹介します。

藤田屋の大あんまきとは?

愛知県・知立市に本店を置く「藤田屋」。創業は江戸の頃という歴史あるお店です。

本店は国道一号線沿いにあるドライブイン。約100品の和洋中のメニュー・宴会もできる飲食店で大あんまきも販売しています。

知立名物として知られる「あんまき」は江戸時代、東海道を行き来する旅人にふるまった小麦粉を伸ばして焼き、2つ折りにして畑で採れた小豆を塩あんにしてはさんだのが始まりです。

あんまきの長い歴史を大切に、藤田屋では現在も昔かたぎの職人さんが1本づつあんまきを作っているそうです。

藤田屋の大あんまきのこだわりは2つあります。

こだわり1:当日製造、当日出荷

美味しさを大切に、作りたてを木箱に入れて配送。しっとりとしたやわらかな食感を長く維持するために、箱の開け閉めにも職人さんの経験やカンがいかされているそうです。

こだわり2:大きさ・最後まで食べられる甘さが日本一

大あんまきというだけあって、とても大きい!1本130g前後(種類によって違います)のずっしりとした重さ。長さ11cm・幅6cm・厚さ3cmほどのジャンボサイズです。

この大きなあんまきを最後まで美味しく食べられる甘さにするために、砂糖は控えめなんだそうです。

実は、砂糖の量を増やせば賞味期限を延ばすことができるそうですが、「美味しさ」を優先。賞味期限は購入日の翌日となっています。

藤田屋の大あんまきの種類と値段の一覧

2つのこだわりに味への期待が膨らむ「藤田屋の大あんまき」。味の種類が豊富な点も特徴です。

藤田屋の大あんまきの定番品の写真

味の種類と値段の一覧は次の通りです。(2018年7月現在)

定番味

種類値段
大あんまき 黒190円(税込)
大あんまき 白190円(税込)
チーズあんまき220円(税込)
カスタードあんまき220円(税込)
栗あんまき250円(税込)
抹茶あんまき250円(税込)

限定味(mozoワンダーシティ店)

種類値段
ゆずあんまき260円(税込)
ごまあんまき260円(税込)
ピーナツあんまき260円(税込)
塩キャラメルあんまき260円(税込)

期間限定で販売しています。

限定味(豊田スタジアム・瑞穂陸上競技場)

種類値段
グランパスあんまき260円(税込)

グランパス試合開催時に販売しています。

藤田屋の大あんまきの賞味期限

賞味期限は、いずれの味も購入日の翌日までとなります。

美味しさの期限が短いのは、味へのこだわりの証なのかもしれませんね。

計画的に購入すると良さそうです。

藤田屋の大あんまき黒とは?

大あんまき黒は、藤田屋の大定番の大あんまきです。

ホットケーキのような生地に、シンプルな小豆の餡が巻かれています。北海道十勝産の小豆を100%使った手づくり餡。生地から今にもはみ出しそうな量がたまりませんね。藤田屋の大あんまき黒の全体写真

どんな味が楽しめるんでしょうか!期待が膨らみます。

藤田屋の大あんまき黒を食べてみた感想

生地の食感は、ふんわり系。軽すぎず程よい弾力があります。餡は、粒が程よく残った「こし餡」。想像よりやわらかで舌触りがよかったです。

味は、たっぷりの餡が生地より前面にでてきますが、甘さは控えめ。生地とのバランスが味・量共に良く食べやすかったですね。

シンプルな素材から手仕事で仕上げる素朴さは、藤田屋ならではの風味。わざわざお店に足を運んででも食べたくなる懐かしい味わいでした。

ちなみ、1本食べきる自信がない…という場合は、色々な味をとりわけて食べてもOK。食べ比べも楽しいですね。

藤田屋の大あんまきの定番味のカット写真

藤田屋の大あんまきを贈る場面・パッケージ

藤田屋の大あんまきの特徴を考えると、こんなシーンのお土産にオススメです。

  • 帰宅の自動車内や電車内で食べる自分用のおやつ
  • 家族向けのお土産
  • 近所の方へのお土産

パッケージは素朴ですが、藤田屋の大あんまきらしさが出ていると思います。藤田屋の大あんまきのパッケージ種類写真

私が購入したmozoワンダーシティ店では、大あんまきの購入本数でパッケージが変わりました。

大あんまきを3本以上購入した場合は箱入り。1本または2本の場合は、簡易な紙袋入りです。

紙製の手提げ袋を付けてくださるので、贈る相手や場面に応じて利用したいですね。

知立名物 藤田屋の大あんまき黒を購入したお店・アクセス方法

今回は知立名物 藤田屋の大あんまき黒を愛知県名古屋市・西区にあるmozoワンダーシティ店で購入しました。

最寄駅は、名鉄上小田井駅・地下鉄上小田井駅。無料の駐車場も完備されています。

藤田屋の大あんまきを購入できるお店・定休日・営業時間の一覧

藤田屋の大あんまきは、愛知県を中心に行っている出張販売、愛知県・三重県にあるお店でも購入できます。

藤田屋の大あんまきを購入できるお店・定休日・営業日の一覧は以下の通りです。(2018年7月現在)

愛知県

地域/店舗名定休日営業時間
知立市「本店」不定休AM8:00~PM10:00
知立市「知立駅店」なしAM8:00~PM8:00(月~土)
AM8:00~PM7:30(日・祝)
刈谷市「刈谷ハイウェイオアシス店なしAM9:00~PM7:00
名古屋市西区「mozoワンダーシティ店なしAM9:00~PM11:00
名古屋市中村区「近鉄名古屋駅店」なしAM10:00~PM8:00
名古屋市中村区「名鉄百貨店B1F中央改札店」元日AM9:00~PM9:00
豊田市「上郷サービスエリア店」なしAM10:00~PM7:00
豊橋市「豊橋駅店」なしAM9:30~PM8:00

※「豊橋駅店」は豊橋駅構内JR豊橋駅 改札内

三重県

地域/店舗名定休日営業時間
四日市市「御在所サービエリア店」なしAM8:00~PM8:00

※「御在所サービスエリア店」は東名阪自動車道 下り

なお、藤田屋の大あんまきは、当日製造・配送のため、売り切れ次第終了です。私は、名古屋駅で2回完売を体験しています。注意してくださいね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名知立名物 藤田屋の大あんまき黒
内容量101~200g
製造者(株)藤田屋
製造者住所愛知県知立市山町小林24-1
原材料小豆砂糖小麦粉水飴蜂蜜食塩甘味料(ステビア・サッカリンNa・ソルビット)膨張剤(原材料の一部に乳成分を含む)保存料(ソルビン酸K)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日の翌日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 19cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 4cm
名産地愛知県三重県知立名古屋豊橋豊田四日市
販売場所名古屋駅豊橋駅知立駅御在所SA上郷SA刈谷PA名鉄百貨店本店刈谷ハイウェイオアシス
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。