かすてあん会津葵

会津葵の外装
会津葵の外装会津葵の中身会津葵の中身(拡大)

かすてあん会津葵とは?

「かすてあん会津葵(あいづあおい)」とは、福島県会津若松市にある菓子店「会津葵」の看板商品。

会津葵の本店は会津若松市の観光名所でもある鶴ケ城(会津若松城)のすぐ近くにありますよ。

城下町であり歴史がある会津若松市ですが、古くは南蛮文化がもたらされた記録も残っています。

山国会津と南蛮文化を融合したお菓子が「かすてあん会津葵」。南蛮由来のカステラに餡を入れたお菓子です。

会津葵は藩主松平家の紋どころ。お菓子の押文様は藩主の文庫印「会津秘府」をうつしたものです。

姉妹品として、 桃・ 林檎・ バナナ・ レーズン入りパンプキン餡をカステラで包んだ「かすてあん江戸葵」もありますよ。

かすてあん会津葵の種類と価格は以下のとおりです。(今回は5個入りを購入しました。)

  • 5ヶ箱入 1,150円
  • 8ヶ箱入 1,850円
  • 10ヶ箱入 2,300円
  • 12ヶ箱入 2,750円
  • 15ヶ箱入 3,400円
  • 20ヶ箱入 4,500円
  • 24ヶ箱入 5,350円
  • 30ヶ箱入 6,600円

かすてあん会津葵を食べてみての感想

会津の歴史と文化を感じとれるようなパッケージが印象的な「かすてあん会津葵」。

わたしはかつて鶴ケ城のすぐ近くに住んでいたこともあり、会津葵は、とてもなじみのあるお菓子屋さん。歴史があり上品なお菓子が多く、手土産などにもよく利用していました。

紋どころとお菓子の押文様にも風格を感じとれます。

パッケージの雰囲気からは饅頭などの和菓子かと思いますが、中に入っているのは餡入りのカステラ。しっとりとしたカステラの中にはたっぷりの餡が入っています。

カステラの美味しさをひきたてるような上品なこし餡。甘すぎず食べやすいのも嬉しいポイント。

説明書きにこんな記述がありました。

ウイスキー、ブランデー、ラム酒、白ブドー酒などをふくませてお召し上がり下さい。お菓子の嫌いな男性も、これはいけると、おっしゃるでしょう。

なんとも、ユニークな表現。なるほど、お酒のお供にもぴったりな味なんですね。
カステラなので、子どもから年配の方まで楽しめる味ですよ。

見た目の華やかさに、歴史を感じる趣きがある一品、おもたせにもおすすめです。

かすてあん会津葵を購入できる主な場所

かすてあん会津葵を購入できる主な場所です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名かすてあん会津葵
内容量5個入り8個入り10個入り12個入り15個入り20個入り24個入り30個入り
製造者株式会社 会津葵
製造者住所福島県会津若松市追手町4-18
原材料砂糖小麦粉小豆蜂蜜粉飴日本酒水飴牛乳寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約12日間
保存方法直射日光・高温多湿を避け保存
箱の大きさ横 8.8cm × 奥行き 30.3cm × 高さ 5.6cm
名産地福島県
販売場所鶴ヶ城(若松城)
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。