九十九島せんぺい

評価★★★★★4.7
クチコミ7

九十九島せんぺいにつて

昭和26年に誕生して以来、パリッとした独特の食感と、ピーナッツの香ばしさで、たくさんの方に愛され続けている長崎銘菓「九十九島せんぺい(くじゅうくしませんぺい)」。

九十九島せんぺいの生地は、砂糖、小麦粉、ピーナッツの3つの素材だけでできています。

シンプルだからこそ、素材のおいしさが味の決め手となる。
そのため、厳選した素材にこだわり、おいしさを追及しています。

販売当時は手焼きだったせんぺいは、今では機械化されましたが、粉糖や卵白でできた白い文字の部分は、今でもひとつひとつ熟練した職人が手作業で入れています。

九十九島せんぺいの形は縁起物である海亀のこうらをかたどった六角形です。
また、たくさん散りばめたピーナッツは美しい九十九島の大小の島影を表現しています。

名前の由来は、当時、米からつくられたものがせんべい、小麦からつくられたものがせんぺいと呼ばれていたことから名付けられました。

2010年よりから2016年まで7年連続でモンドセレクションの最高金賞を受賞し続けているお菓子でもあります。

九十九島せんぺいを食べた感想

他にはない新食感で、初めて食べる味です。
ピーナッツがいいアクセントになっていて、ナッツが嫌いでなければ、とてもおいしく召し上がれると思います。

昭和28年九十九島せんぺいは他にはない歯切れの良さを生み出す独特の製法から、製法特許を取得しました。ですので、このおいしさは九十九島せんぺいだけのものです。

長崎土産に迷った際は、是非この「九十九島せんぺい」を選んでみてはいかがでしょうか。

モンドセレクションで7年連続最高金賞を受賞してるだけのことはありますよ。

枚数ごとの価格について

  • 8枚:452円
  • 12枚:720円
  • 24枚:1,440円
  • 48枚:2,880円
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名九十九島せんぺい
内容量8個入り12個入り24個入り48個入り
製造者株式会社 九十九島グループ
製造者住所長崎県佐世保市日宇野町2566
原材料小麦粉、砂糖、植物油脂、コーンスターチ、ピーナッツ、卵白、粉糖、(原材料の一部に大豆を含む)、醸造酢
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿な場所を避けて常温で保存してください。
箱の大きさ横 12.0cm × 奥行き 3.8cm × 高さ 24.0cm
名産地長崎県佐世保
販売場所福岡空港長崎空港博多駅鹿児島中央駅小倉駅新鳥栖駅諫早駅長崎駅佐世保駅JR武雄温泉駅大村湾PA多久西PA浜屋百貨店グラバー園小浜温泉雲仙温泉
おみやげの種類せんべい焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内