大津サービスエリアお土産のおすすめ4選・551の豚まんも人気!

大津サービスエリアは滋賀県大津市にあるサービスエリアです。

目の前には日本一大きな湖「琵琶湖」があって、展望台からは雄大な琵琶湖の景色が楽しめますよ。

フードコートやマクドナルド、ショッピングコーナーは24時間営業なので、時間を気にせず立ち寄れるのもうれしいですね。

▼関連記事▼
参考:大津市のお土産一覧
参考:大津駅で買えるお土産

大津サービスエリアについて

大津サービスエリアは滋賀県と京都府の境にほど近い、名神高速道路のサービスエリアです。

大津インターチェンジと一体となっていて、高速道路から降りる時にはサービスエリアを通過することになります。

名古屋方面の上り、大阪方面の下りの2つありますが、それぞれは行き来できないので注意してくださいね。

中に入っているお店も上りと下りでは違います。

上りサービスエリア情報

名古屋方面への上りサービスエリアを詳しく紹介しますね。

レストランでは滋賀特産・近江牛を使ったすき焼きや焼肉重、近江地鶏と近江牛の他人丼などが揃っていて、滋賀のグルメを堪能できます。

また大津サービスエリアは「恋人の聖地」に認定されていて、上り線には大きなハート型のモニュメントがあるんです。

フォトスポットとしてカップルだけでなく、家族連れにも人気なので記念撮影にいかがですか。

各店舗の営業時間は以下の通りです。

  • レストラン:11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)
  • スナックコーナー・フードコート:24時間営業
  • カフェ「LAKESIDE COFFEE」:8:00〜20:00
  • 「551蓬莱」:10:00〜20:00
  • ショッピングコーナー:24時間営業(一部9:00〜21:00)

大津サービスエリアでは、551蓬莱が人気となっていますので、休憩するときの楽しみの1つにいいですよ。

その他、セブン銀行のATMや宅配便受付も24時間利用可能です。

下りサービスエリア情報

大阪方面への下りサービスエリアでも、滋賀のグルメが堪能できます。

レストランでは近江牛を使ったすき焼き丼や、近江牛のレモン焼肉定食なども人気です。

また、1200年以上の歴史がある朝宮茶を使った朝宮茶サンデーや、琵琶湖の西側にある安曇川町の「アドベリー」を使ったソフトクリームなどもいかがですか。

各店舗の営業時間は以下の通りです。 

  • レストラン:平日11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)、土・日・祝10:00〜21:00(ラストオーダー20:30)
  • スナックコーナー・フードコート:24時間営業、店舗によっては営業時間が異なります。
  • イタリアンカフェ「カフェ チャオプレッソ」:7:00〜20:00
  • 「マクドナルド」:24時間営業
  • 「サーティワンアイスクリーム」:10:00〜20:00
  • ショッピングコーナー:24時間営業

その他セブン銀行ATM(24時間営業)や宅配便受付などもありますよ。

大津サービスエリアで買えるおすすめのおみやげ

大津サービスエリアでは地元・大津だけでなく滋賀県や京都、大阪の有名なおみやげも購入できます。

それでは、大津サービスエリアで購入できるおすすめのおみやげを紹介しますね。

工房しゅしゅ 滋賀の丁字麩 おふらすく

工房しゅしゅ 滋賀の丁字麩 おふらすく

滋賀の特産品「丁字麩(ちょうじふ) 」を使ったお菓子です。

「滋賀の酒粕」「安曇川のアドベリー」「安土のはちみつ」「土山のほうじ茶」「東近江のレモン」の5つの味が楽しめます。

参考:工房しゅしゅ 滋賀の丁字麩 おふらすくについての記事はこちら

琵琶湖の初恋

琵琶湖の初恋

全国各地にある「~の恋人」シリーズの滋賀県版がこれ。

1周の距離が約200キロもある琵琶湖は、滋賀県の六分の一のを占める日本で最大の面積をもつ湖です。

全国各地にこのシリーズはあるので中身はすぐに想像できますが、琵琶湖のクルーズ船と琵琶湖大橋のイラスト入りのパッケージを見るとつい手に取ってみたくなります。

参考:琵琶湖の初恋についての記事はこちら

狸の腹つつみ

狸の腹つつみ

焼き物の町として全国的に有名な信楽(しがらき)。

その信楽で有名なものは「たぬき」で、たくさんのたぬきの置物が作られています。

このお菓子はたぬきをモチーフにしたお菓子で、たぬきの焼き印が押された生地の中には抹茶餅が入っています。

この抹茶に使われているのは、滋賀県特産の朝宮茶。

滋賀県知事賞も受賞したお菓子です。

参考:狸の腹つつみについての記事はこちら

埋れ木

埋れ木

滋賀の武将として有名な井伊直弼。

滋賀の北部、近江彦根藩の13代藩主であった彼が17歳で家を離れて生活をした場所が埋木舎(うもれぎのや)。

ここにちなんで名づけられたお菓子が埋れ木です。

白あんを包んだ求肥にたっぷりの和三盆糖入りの抹茶が振りかけられています。

上品な味わいのお菓子で、大切な方への贈りものにもぴったりです。

参考:埋れ木についての記事はこちら

大津SAのおみやげ20件

この記事を書いた人

Avatar photo

松本 博樹

神戸市出身。「おみや」の発案者・運営者。おみやげの原材料が気になって、まとめられていて探しやすいサイトを作ろうと思って始めました。 旅行好きで、国内をあちこち巡るのが楽しいです。