加西サービスエリアでおすすめのお土産7選・営業時間のまとめ

加西SA(加西サービスエリア)は、兵庫県加西市にあるサービスエリアです。

お土産コーナーや軽食コーナーは24時間営業しているため、買い物をしたり、食事をとったりしたいときに立ち寄るのもおすすめですよ。

さて、そんな加西サービスエリアへ行くときに、「どんなお土産があるんだろう」と気になることもあるかと思います。

このページでは、どのお土産を買おうか悩んだときのために、加西サービスエリアで買えるおすすめのお土産を紹介していきますね!

加西サービスエリアについて

加西サービスエリアは、中国自動車道に位置するサービスエリアです。

上りと下りがありますが、連絡通路などで道は繋がっていないため、それぞれを行き来することはできません。

お土産を販売しているショッピングコーナーのほか、フードコートやレストラン、ベーカリーもあるため、食事をするのに立ち寄るのもおすすめですよ。

上りサービスエリア情報

まず、上りサービスエリアの店舗情報について紹介します。

上りにある店舗の営業時間は以下のとおりです。

  • ショッピングコーナー:24時間営業
  • スナックコーナー・フードコート:24時間営業
  • レストラン:平日11:00~21:00(ラストオーダー20:30)、土・日・祝9:00~21:00(ラストオーダー20:30)

ショッピングコーナーは24時間営業なので、お土産を買いたいときは時間を気にせず、買いに行くことができますね。

下りサービスエリア情報

下りのサービスエリアにも、お土産などを販売しているショッピングコーナーがあります。

神戸や大阪、京都などの近隣エリアの有名なお土産もあるので、現地でお土産を買い忘れたときは加西サービスエリアで探してみましょう。

なお、下りにある店舗の営業時間は以下のとおりです。

  • ショッピングコーナー:24時間営業
  • スナックコーナー・フードコート:24時間営業
  • レストラン:平日10:00~20:00、土・日・祝7:00~20:00
  • ベーカリー:7:00~18:00

下りも同じくショッピングコーナーは24時間営業なので、いつでもお土産を買うことができますよ。

加西サービスエリアで買えるおすすめのお土産

つづいて、加西サービスエリアで買えるおすすめのお土産を紹介します。

杵屋 書写千年杉

書写千年杉中身写真

「書写千年杉」は、創業明治44年「幸せをお菓子にのせて贈る店」がモットーの、杵屋が販売しているバウムクーヘンです。

姫路市書写にある円教寺境内の杉に見立ててつくられていて、表面にはスライスしたアーモンドとココアでデコレーションされています。

パッケージも高級感があるため、目上の方へのお土産にもおすすめの一品です。

参考:書写千年杉についての記事はこちら

総本家かん川 しほみ饅頭

総本家かん川 しほみ饅頭中身

「しほみ饅頭」は、兵庫県赤穂市にある総本家かん川が販売するお菓子です。

寒梅粉を使った皮に、赤穂塩を加えたこしあんを包んだ饅頭で、赤穂市の定番土産となっていますよ。

なめらかなこしあんに、きりっとした塩味が印象的なしほみ饅頭は、日本茶などのお茶請けにもぴったりです。

和菓子が好きな方へのお土産を探しているのなら、候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。

参考:しほみ饅頭についての記事はこちら

モンロワール リーフメモリー

「リーフメモリー」は、神戸で有名なチョコレートハウスモンロワールが手がけるチョコレートです。

こちらのリーフメモリーは、葉っぱの形をしたチョコレートが数粒ずつ個包装されていて、ばらまき土産としてそのまま手渡せます。

大勢の人に渡すお土産を探しているのなら、リーフメモリーはイチオシの商品ですよ!

参考:リーフメモリーについての記事はこちら

コーベアーサブレー

コーベアーサブレ 中身写真

見た目がかわいいお土産を探しているのなら、神戸のゆるキャラである「コーベアーサブレー」はいかがでしょうか。

サブレはシンプルで素朴な味わいですが、なんといっても食べるのが惜しくなるくらいキュートな形が印象的ですね。

一つ一つ個包装されているので、小さなお子さんにはもちろん、友達や職場の方へのばらまき土産にもおすすめですよ。

参考:コーベアーサブレーについての記事はこちら

摂州 蕪楽

「摂州 蕪楽」は、兵庫県宝塚市に本店を構えるいづみや本舗が手がけるお菓子です。

しっとりした口当たりのミルクまんじゅうで、新大阪駅でも人気のお土産ですよ。

6個入のほかに、10個入、15個入、20個入があり、渡す相手によって入り数を選べるところも便利だと思います。

参考:摂州 蕪楽についての記事はこちら

晴れの国銘菓 きびだんご

晴れの国銘菓 きびだんご 開封した写真

岡山の名物である「きびだんご」のお土産を探しているのなら、昭和25年創業の中山昇陽堂が手がける「晴れの国銘菓 きびだんご」がおすすめです。

国産の餅粉やきび粉を使って作られていて、甘さはそれほど強くなく後味もスッキリなので、いくつでも食べられますよ。

岡山の童画家・中山忍さんが描いたモザイク画のパッケージもかわいらしくて、目に止まりますね。

きびだんごは一口サイズで食べやすく、小さなお子さんがいるファミリーへのお土産にもぴったりでしょう。

参考:きびだんごについての記事はこちら

大風呂敷

大風呂敷 中身写真

「大風呂敷」は、鳥取県にある宝製菓が販売しているお菓子です。

鳥取県産のもち米と二十世紀梨を使用した餅菓子で、餅に梨蜜をかけて食べるのが特徴ですよ。

食べてみると餅と梨蜜の相性が抜群によく、とてもおいしくいただけます。
お菓子を食べ終わった後は、パッケージを包んでいる風呂敷を記念にとっておくのもいいですね。

参考:大風呂敷についての記事はこちら

さて、ここからは加西サービスエリアで買えるお土産一覧を見てみましょう!

加西SAのおみやげ27件

この記事を書いた人

Avatar photo

松本 博樹

神戸市出身。「おみや」の発案者・運営者。おみやげの原材料が気になって、まとめられていて探しやすいサイトを作ろうと思って始めました。 旅行好きで、国内をあちこち巡るのが楽しいです。