【2018年度版】三越のバレンタインフェアの特徴は?おすすめスイーツランキングもご紹介

三越をはじめとした大手百貨店では、2018年度のバレンタインに向けさまざまなフェアを開催しています。

今回は三越のバレンタインフェアの特徴と詳しい内容、さらに三越で購入できるおすすめスイーツランキングを紹介していきますね。

三越のバレンタインデー2018はこちら

ちなみに、LOHACOでも三越の商品が買えます。
LOHACOで三越の商品を探す

三越の2018年度バレンタイン商品やフェアの特徴は?

三越のバレンタインフェアは、銀座店と日本橋店のみで開催されています。
他の店舗では開催がありませんので注意してください。

なお、名古屋三越では伊勢丹のバレンタインフェア「サロン・ドゥ・ショコラ」の開催となっています。

伊勢丹のバレンタインフェア「サロン・ドゥ・ショコラ」の詳細はこちら

銀座三越「GINZA Sweets Collection 2018」

【期間】2018年1月24日(水)~2月14日(水) ※1月30日は休業
【時間】午前10時半~午後8時(最終日は午後6時まで)
【場所】銀座三越 7階催物会場 / 9階銀座テラス・テラスコート

銀座三越店のバレンタインフェアのテーマは「Wonder Land -甘くとろける魔法-」。
どんなシチュエーションにも使える、魔法のようなチョコレートの数々が揃います。

日本初上陸のブランドや銀座三越限定チョコレートなど、60以上のブランドが登場。
可愛くておいしくて、ワクワクがとまらないチョコレートの魔法にかかってしまいそう!

ゴディバのヤニック・シュヴォロー氏やル・コルドン・ブルーの豊永雄二氏など、有名ショコラティエの来店も多数予定されています。
デジタルカタログも用意されているので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

銀座三越「GINZAsweets collection 2018」はこちら

ヴァイオリニスト竜馬「フラワーバレンタイン」ライブミュージックwithフラワーデモンストレーション

【日時】2018年2月10日 / 午後1時半〜約10分間
【場所】銀座三越 6階特設会場

ヴァイオリニスト・竜馬氏が、フラワーバレンタインのために書き下ろしたテーマ曲『flower valentine』を演奏。
さらに、トップデザイナー・新井光史氏のフラワーデモンストレーションも行います。

日本橋三越「三越のバレンタイン」

【期間】2018年1月24日(水)~2月14日(水) ※1月30日は休業
【時間】午前10時半~午後7時半(最終日は午後6時まで)
【場所】日本橋三越本店 新館7階・本館7階催物会場

日本橋三越のバレンタインのテーマは「sweet treat 〜甘いご褒美〜」。
プレミアムなチョコレートやスイーツを、約110ブランド取り揃えています。

新館7階では「ショコラセレクション」、本館7階では「スイーツセレクション」をそれぞれ展開していますよ。

フラワーバレンタイン×日本橋三越本店

バレンタインは、日本では「女性が男性にチョコレートを贈る日」ですが、世界的には「男性が女性に花を贈る日」。
そこで、この文化を発信する「フラワーバレンタイン」と日本橋三越がコラボしてイベントを展開します。

フォトジェニックなフラワーバレンタイン撮影スポットや来店プレゼント、フォロー&リツイートキャンペーンなどが行われますよ。

日本橋三越「三越のバレンタイン」はこちら

三越で買えるおすすめスイーツランキング

OMIYA!には、全国各地の三越で買えるスイーツが多数掲載されています。
今回はその中から、特にバレンタインにおすすめのスイーツをランキングでご紹介します。(※ランキングは個人の意見です)

10位:白鷺宝

白鷺宝 中身の写真

埼玉銘菓として有名な白鷺宝(はくろほう)は、大正元年創業の老舗「菓匠 花見」の看板商品。
ミルク味のコーティングの中に、やさしい甘さの白あんがつまっている和菓子です。

定番からさまざまな味のミックスまであり、入り数も豊富に揃っているので選ぶのも楽しいですね。

参考:白鷺宝の記事はこちらから

9位:黒糖どらやき

黒糖どらやき 中身拡大

山梨県の黒蜜屋で販売されている黒糖どら焼き。
ミネラル豊富な黒糖や黒蜜は体にもよく、コク深い味わいが特徴です。

どら焼きの焼印は好きな文字やイラストに変更も可能なので、試してみてはいかがでしょうか。

参考:黒糖どらやきの記事はこちらから

8位:BeansNuts(ビーンズナッツ) ムニュ・オーム16

BeansNuts ムニュ・オーム16 中身の写真

大阪屋製菓が販売する、色とりどりの豆と木の実のお菓子です。
素材の色を生かして作られており、合成着色料や保存料は無添加。

わさび・梅・きなこなどバリエーション豊かで、飽きずに食べられます。

参考:BeansNuts(ビーンズナッツ) ムニュ・オーム16の記事はこちらから

7位:アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ内装

兵庫県生まれのアンリ・シャルパンティエの看板商品がこのフィナンシェ。
自社発酵バターや品質管理にこだわったアーモンドを使うなど、素材選びにもこだわって作られています。

焼き菓子とは思えないほどしっとりしていて食べやすい、万人受けするお菓子です。

参考:アンリ・シャルパンティエ フィナンシェの記事はこちらから

6位:彩果の宝石 ときめきはんなりショコラ

彩果の宝石 ときめきはんなりショコラ 中身の写真

色とりどりのグミのようなゼリー菓子・彩果の宝石をチョコレートで包んだお菓子。
フレッシュな果物をチョコレートフォンデュで味わっているかのような、大人向けの味わいです。

宝石のようなパッケージがおしゃれで、7種類の味が楽しめるのもうれしいですね。

参考:彩果の宝石 ときめきはんなりショコラの記事はこちらから

5位:開運堂 モカロール

開運堂 モカロール 中身の写真

長野県松本に本店を構える開運堂のお菓子。
モカスポンジでモカクリームをくるくると巻いてあり、コクのある味わいが楽しめます。

甘さ控えめで大人向けなので、甘すぎるお菓子が苦手な相手にも渡しやすいですよ。

参考:開運堂 モカロールの記事はこちらから

4位:デメル クライネクーヘン

デメル クライネクーヘン開封後

おしゃれなパッケージが人気のオーストリアの菓子メーカー・デメルの、ひと口サイズのケーキ。
いちじく入りのココア味と、チェリー酒入りのピスタチオ味の2種類入りです。

いずれも洋酒が効いており、日本にはあまりない個性的な味が楽しめますよ。

参考:デメル クライネクーヘンの記事はこちらから

3位:資生堂パーラー チーズケーキ

資生堂パーラー チーズケーキ 外装

化粧品メーカーとして有名な資生堂ですが、レストランやパーラーも人気があります。
資生堂のトレードマークである椿の花をかたどったビスケットと人気を二分するのがこのチーズケーキ。

北海道産の小麦粉やデンマーク産のクリームチーズなど、こだわりの材料が確かなおいしさの秘密です。
小ぶりでおしゃれなパッケージはギフトにもぴったりですね。

参考:資生堂パーラー チーズケーキの記事はこちらから

2位:ル・ショコラ・クラシック

ル・ショコラ・クラシック中身
日本ではじめてチョコレートバーを製造した、ロイスダールのお菓子。
上質なヨーロッパ産のチョコレートを使って焼き上げた、スティック状のチョコレートケーキです。

小ぶりで食べやすく、シックで上品なパッケージは贈り物にぴったりですね。

参考:ル・ショコラ・クラシックの記事はこちらから

1位:マルガレーテンクーヘン

マルガレーテンクーヘン中身
ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベの、マーガレットの花をイメージした可愛らしいお菓子。
レモンの効いたケーキとあんずジャム、花の部分のマジパンの甘さがみごとにマッチしています。

見た目がとても華やかで、もらった人を笑顔にしてくれそうですね。

参考:マルガレーテンクーヘンの記事はこちらから

オンラインショップでも購入可能

三越オンラインショップには、バレンタインデー2018特設ページが登場しています。
日本橋三越本店・銀座三越ではバレンタインカタログも出ており、カタログ記載商品も買うことができますよ。

注文は1月8日〜2月3日 午前10時までの受付。
配送日は2月11日・12日・13日・14日から選ぶことができます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

三越のバレンタインデー2018はこちら
LOHACOで三越の商品を探す

そのほかのバレンタイン人気ランキングはこちら

百貨店ごとのバレンタインフェアの特徴・おすすめのお菓子ランキングはこちら