【2018年度版】阪急百貨店バレンタインフェアの特徴は?おすすめスイーツランキングもご紹介

阪急をはじめとした大手百貨店では、2018年度のバレンタインに向けさまざまなフェアを開催しています。

今回は阪急のバレンタインフェアの特徴と詳しい内容、さらに阪急で購入できるおすすめスイーツランキングを紹介していきますね。

阪急のバレンタインデー2018はこちら

目次

阪急の2018年度バレンタイン商品やフェアの特徴は?

バレンタインチョコレート博覧会2018

【開催日程】2018年1月24日(水)〜2月14日(水)
【開催時間】午前10時〜午後8時(※一部9時まで)

阪急で毎年開催されている「チョコレート博覧会」。
阪急うめだ本店では9階フロアを6つのカテゴリーに分類し、テーマごとに楽しめる空間となっていますよ。

バレンタインチョコレート博覧会2018のホームページはこちら

また、チョコレート博覧会2018の見どころを紹介している動画もありますので、あわせてご覧ください。

阪急の2018年度バレンタインフェアの店舗ごとの特徴は?

阪急では、店舗ごとにそれぞれ異なったテーマを持ってバレンタインフェアを展開しています。
開催場所もそれぞれ異なりますので、自分の行きたい店舗の情報をチェックしてみてくださいね。

阪急うめだ本店「バレンタインチョコレート博覧会2018」

【開催日程】1月24日(水)〜2月14日(火)
【開催時間】午前10時〜午後8時
【開催場所】9階催場・祝祭広場・阪急うめだギャラリー・アートステージ / 地下1階フードステージ・ツリーテラス・阪急スイーツストリート

チョコのワンダーランド

ユーモラスなアニマルやキャラクターが大集合!
スター・ウォーズやゴジラモチーフなど、彼も夢中になりそうなアイテムがいっぱいです。
会場にはなんとメリーゴーランドも登場しますよ。

ニッポンのチョココーナー

日本ならではの繊細な技術と、真摯なモノづくり精神が感じられるスイーツが大集合。
最中×カカオ、どら焼き×カカオなど、和菓子と洋菓子が融合した新しいおいしさが見つかります。

お酒チョココーナー

ワイン・日本酒・焼酎・ウイスキー・泡盛・シャンパーニュ・ジンなど、あらゆるお酒とチョコのコラボレーション。
お酒好きには目移りしてしまいそうな空間です。

会場で楽しめるチョコスイーツコーナー

9階イートインコーナーでは、10ブランド、19フレーバーのソフトクリームがお目見え。
「カカオワールド」ではカカオドリンク&カカオアイスクリームが楽しめます。

「ニッポンのチョコ」コーナーでは、生チョコ発祥のお店のソフトクリームや、老舗和菓子店こだわりの”チョコレートあん”を使ったスイーツも。

千里阪急「バレンタインチョコレート博覧会2018」

【開催日程】2月1日〜
【開催時間】午前10時〜午後8時
【開催場所】5階催事場・地階

川西阪急「川西阪急のバレンタイン」

【開催日程】1月26日〜
【開催時間】午前10時〜午後8時
【開催場所】地下1階

宝塚阪急「宝塚阪急スイーツマルシェ2018」

【開催日程】1月31日〜
【開催時間】午前10時〜午後8時
【開催場所】フードスポット・正面入口前

西宮阪急「HAPPY CHOCOLATE TIME」

【開催日程】1月31日〜
【開催時間】午前10時〜午後8時
【開催場所】1階催場・イベントプラザ

博多阪急「博多阪急のバレンタイン」

【開催日程】1月24日〜
【開催時間】午前10時〜午後8時(最終日は午後6時まで)
【開催場所】地階 食料品売場 / 1階 メディアステージ(2月1日〜) / 8階 催場(2月1日〜)

阪急大井食品館「バレンタインチョコレート博覧会」

【開催日程】1月31日〜
【開催時間】午前10時〜午後8時
【開催場所】各売り場

阪急で買えるおすすめスイーツランキング

OMIYA!には、全国各地の阪急で買えるスイーツが多数掲載されています。
今回はその中から、特にバレンタインにおすすめのスイーツをランキングでご紹介します。(※ランキングは個人の意見です)

1位:ゴンチャロフ メッセ神戸

メッセ神戸開封した写真

神戸にあるお店、ゴンチャロフのチョコレートの詰め合わせ。
アーモンドとヘーゼルナッツを、ホワイトチョコやビターチョコとのさまざまな組み合わせで楽しめます。

5個入りから30個入りまで、贈る相手によって個数も選べますよ。

参考:ゴンチャロフ メッセ神戸の記事はこちらから

9位:モンロワール 神戸抹茶チョコレートスティック

神戸抹茶チョコレートスティック内装

チョコレート菓子専門店モンロワールが手がけるチョコレートスティックの、抹茶バージョン。
抹茶ウエハース×ホワイトチョコレートと、プレーンウエハース×抹茶チョコレートの2種類入りです。

ひと口でぱくっと食べられるサイズ感で、抹茶好きの相手におすすめですよ。

参考:モンロワール 神戸抹茶チョコレートスティックの記事はこちらから

8位:あわじオレンジスティック

あわじオレンジスティック 内装

淡路島特産の鳴門オレンジを、ベルギーチョコでコーティングしたあわじオレンジスティック。
兵庫県淡路島で作られています。

オレンジにまぶした砂糖のシャリシャリ感と、オレンジの皮のもつ苦み・酸味・香りが絶妙な、ちょっと大人のスイーツです。

参考:あわじオレンジスティックの記事はこちらから

7位:ゴンチャロフ パミエ

パミエ開封した写真

見た目がとても華やかなパミエは、果物由来のペクチンを使ってゼリー状にしたお菓子です。
果物の味がぎゅっと濃縮されていて、もちもちとした食感が楽しめます。

6種類の味を食べ比べてみるのもいいですね。

参考:ゴンチャロフ パミエの記事はこちらから

6位:あまおうキャラメリゼバウム

あまおうキャラメリゼバウム 中身

博多風美庵が手がける、あまおうを練り込んだバウムクーヘン。
カラメルがけしてあり、あまおうとカラメルの芳醇な香りが楽しめます。

個包装になったひと口サイズで、食べやすいのもうれしいですね。

参考:あまおうキャラメリゼバウムの記事はこちらから

5位:ガトーフェスタハラダ ラブ・スリーブス

ラスク「グーテ・デ・ロワ」で有名なガトーフェスタハラダのお菓子。
ラブ・スリーブス(愛の袖)という名前は、中世ヨーロッパでは愛する人の(取り外しできる)袖をバレンタインに身につけた、という話に由来しています。

ナッツやサブレのザクザク感が楽しく、愛情を込めて贈るお菓子としてもぴったりですね。

参考:ガトーフェスタハラダ ラブ・スリーブスの記事はこちらから

4位:グランフルーツ 分厚いショコラ

グランフルーツ 分厚いショコラ 中身(拡大)の写真

シュガーバターサンドの木で有名な、グレープストーン 銀のぶどうが販売するお菓子。
さくさくのシリアル生地で、ベリー・パインなどを混ぜ込んだホワイトチョコレートをサンドしています。

名前どおりとても分厚く、食べごたえも十分ですよ。

参考:グランフルーツ 分厚いショコラの記事はこちらから

3位:エシレ エクレール・ナチュール

エシレ エクレール・ナチュール 中身

フランス産発酵バターの代名詞ともいえる「エシレバター」をふんだんに使ったお菓子。
バタークリームが塗られたシュー生地と、焦がしバター入りのカスタードクリームがリッチな味わいです。

大阪店のみの販売で、販売日時・個数も限定のため、レア感たっぷりですよ。

参考:エシレ エクレール・ナチュールの記事はこちらから

2位:バトンドール ストロベリーシュガー

バトンドール ストロベリーシュガー 中身

ポッキーやプリッツでおなじみの、江崎グリコが手がけるお菓子。
フランス語で「黄金のスティック」を意味し、黄金色の澄ましバターやフランス産小麦が使われています。

いちごポッキーをさらにリッチにしたような、甘酸っぱい味わいが楽しめますよ。

参考:バトンドール ストロベリーシュガーの記事はこちらから

1位:神戸プチフィナンシェ カカオデラックス

神戸プチフィナンシェ カカオデラックス 中身の写真

チョコレートハウス モンロワールが手がけるプチフィナンシェの、季節限定バージョン。
チョコパウダーと高級ブランデー「カルヴァドス」が効いた味わいです。

バターとチョコレートの味わいにブランデーが香る、大人向けのお菓子ですよ。

参考:神戸プチフィナンシェ カカオデラックスの記事はこちらから

オンラインショップでも購入可能

阪急オンラインショップには、バレンタインデー2018特設ページが登場しています。
注文は2月9日まで。配送日は2月4日から14日の間で、注文から5日後以降を指定可能です。
なお、商品代金が税込み2,160円以上からの申込みとなります。

直接阪急に行けないという人でも、さまざまなコラボ商品や世界のチョコレートが購入できるチャンスですよ。

阪急のバレンタインデー2018はこちら

そのほかのバレンタイン人気ランキングはこちら