ご当地味が楽しめる!じゃがりこおみやげ商品の種類一覧と特徴・おすすめ商品まとめ

お土産売り場の定番のひとつ、Calbee(カルビー)の「じゃがりこ」は、1995年に発売したロングセラー商品。

カップ型ケースに入った細長いスティック状のじゃがりこは、一度食べ出すと手が止まりません。

じゃがりこは、さまざまな味が登場しているスナック菓子としても知られています。
中でも、ご当地の味とコラボした「おみやげ商品 じゃがりこ」はユニークな味が揃っているので、お土産に最適!

今回は、「じゃがりこ おみやげ商品」の一覧と特徴、OMIYA!おすすめのご当地じゃがりこについて紹介します。
ぜひ、お土産選びの参考にしてくださいね!

じゃがりこの特徴について

じゃがりこは、ジャガイモベースのサクサクとした食感が特徴のスナック菓子。
イメージキャラクターであるキリンの言葉通り、「食べだしたらきり(キリン)がない」そんなお菓子です。

じゃがりこは、パッケージも特徴的。
食べやすいカップ型のパッケージには、イメージキャラクターのキリンを使ったダジャレやバーコードが入っていて、遊び心たっぷり。

そして、名前の秘密も面白いですよ。開発担当者が友人に食べてもらった時に思いついた言葉が、じゃがりこの由来になっています。

友人の名前は、リカコさんでした!そこで…じゃがいもりかこ→じゃがりかこ→じゃがりこ!になったんだって。

(引用元:じゃがりこweb じゃがりこの秘密)

ロングセラー商品ならではの開発秘話といえるかもしれません。

じゃがりこは、食べて美味しい!見て楽しい!そんなお菓子です。

じゃがりこのパッケージ・種類・サイズ・味

ここで、じゃがりこの種類について紹介していきますね。

じゃがりこのパッケージは、カップタイプ・袋タイプの2種類あります。

カップタイプは、「60g入りのベーシック」と「70g入りのLサイズ」の2サイズ。
Lサイズにはレギュラーサイズの約1.2倍にもなる、ロングじゃがりこが入っています。

主にスーパーやコンビニ、ドラックストアなどで購入できる商品がカップタイプのものですね。
それぞれのサイズや味の種類は、以下の通り。(2018年5月現在)

  • ベーシックサイズ 定番9種/期間限定4種
  • Lサイズ×5種

袋タイプは20g入りで、じゃがりこのおみやげ商品でよく見かけます。
じゃがりこのおみやげ商品は、大箱に袋タイプが8袋もしくは4袋(ディップ付き)入っていますよ。

じゃがりこ おみやげ商品の種類一覧

「じゃがりこ おみやげ商品」は、10種類登場しています。(2018年5月現在)
それぞれのご当地味は、以下の通り。

名前をみるだけで食欲がそそられる、ご当地らしい風味ばかりですね。

OMIYA!おすすめのじゃがりこ おみやげ商品

全国のじゃがりこ おみやげ商品の中から、OMIYA!で紹介しているものを詳しく紹介していきますね。

【北海道限定】豚丼味

北海道帯広市のご当地グルメ「豚丼」テイストのじゃがりこです。

キャラクターのキリンが言うダジャレも北海道弁というこだわり。味はもちろんのこと、パッケージも楽しめるお菓子です。

炭焼き豚風味フレークが練り込まれているので、豚肉の旨味と香ばしい風味が味わえるじゃがりこになっています。

参考:北海道限定 豚丼味の記事はこちら

【東北限定】牛たん味

仙台の老舗牛たん店・喜助監修の牛タンじゃがりこ。香ばしく焼き上げられた、牛たんの旨味が再現されています。

スナック菓子で味わう贅沢な風味は、大人も子供も喜ぶ食べやすい味に仕上がっていますよ。
こちらもキリンのギャクが冴えています!「タン」を使った東北弁のダジャレに、思わず笑みがこぼれます。

じゃがりこ本来の歯ごたえはそのままに、焼いた牛タンの香ばしさ・風味が感じられました。

参考:東北限定 牛たん味の記事はこちら

【北海道・東北限定】贅沢うに軍艦味

ディップソースで味わうユニークなじゃがりこ。個袋とディップいずれも4つずつ入っています。
うにがふんだんに使われた贅沢なお菓子ですね。かなりインパクトがあるお土産になりそうです!

「だし味」なので、ほんのりとだしの味がして硬めで歯ごたえがあります。「うに・海藻入り」のディップソースを付けて食べてみると、一口はうにの濃い味がし、2口め以降は海藻やかつおだしの味がしました。

参考:北海道・東北限定 贅沢うに軍艦味の記事はこちら

【信州限定】野沢菜こんぶ味

信州土産の「野沢菜」風味のじゃがりこ。ご飯のおかずになるような、美味しい仕上がりになっています。
漬け物とスナック菓子という味のイメージがしづらい組み合わせが、かえってお土産選びに楽しさをプラスしてくれますね。

じゃがいもの甘さと野沢菜の酸味が絶妙にマッチ!後からじわじわと昆布だしの旨みがやってきて、後引くおいしさになっています。

参考:信州限定 野沢菜こんぶ味の記事はこちら

【日本海地区限定】贅沢カニだし味

ベニズワイガニを使った、贅沢なディップソースで食べるユニークなじゃがりこ。
小袋とディップがそれぞれ4つずつ入っています。ディップの量で好みの味に調節できるのが魅力ですね。

カニ味のソースがついているので、好みがはっきりと分かれるお菓子かなと感じます。ソースがとても濃厚で、少しつけるだけで十分です。

参考:日本海地区限定 贅沢カニだし味の記事はこちら

【東海限定】手羽先味

名古屋のご当地グルメ「手羽先」味のじゃがりこ。名古屋土産らしい豪華なパッケージに入っています。
飲み屋定番の手羽先味ですが、辛さのパンチは弱め。子供でも美味しく食べられるお菓子になっていますよ。

味は、THE手羽先味。スパイシーで後引く辛さがあります。生地にしっかりと練り込まれた濃厚な味付けは、一口食べても手羽先味とはっきりわかります。

参考:東海限定 手羽先味の記事はこちら

【関西限定】たこ焼き味

大阪のソールフード「たこ焼き味」のじゃがりこ。クセになるソース&マヨネ―ズ風味は、子供から大人まで食べやすい味になっています。
たこ焼きにまつわるギャクが冴えるパッケージにも注目!楽しいお土産になりますよ。

サクサクの歯ごたえと、ソース&マヨネーズの風味で、誰にでも好まれそうな味わい。味があまり濃くないので、1袋をぺろっと食べられます。

参考:関西限定 たこ焼き味の記事はこちら

【九州限定】明太子味

九州の名産品「明太子」のじゃがりこ。ピリ辛の明太子がたっぷり練り込まれています。
キリンのギャクが冴えるパッケージは、なんとメッセージカード付き。職場で配るお土産にちょうど良さそうですね。

明太子風味が口に残り、ほんのりピリ辛でとってもおいしいです。見た目でも明太子のつぶつぶが入っていることが分かります。

参考:九州限定 明太子味の記事はこちら

さいごに

じゃがりこ おみやげ商品の種類一覧と特徴をご紹介しましたが、気になる味やぜひ食べてみたい味はありましたか?

私は、ディップタイプの北海道・東北限定 贅沢うに軍艦味日本海地区限定 贅沢カニだし味はぜひ食べたいですね。

食べ方のユニークさはもちろんのこと、贅沢な風味が手軽なスナック菓子で楽しめるのが魅力的。友達と一緒に食べたいシリーズです。

じゃがりこ おみやげ商品は、パッケージのこだわりも素敵でしたね。
ご当地の味に添えられたご当地土産らしいダジャレ。おいしさに楽しさもプラスしてくれるお土産菓子だと思いました。

各地のご当地味が手軽に楽しめるのが魅力的な、じゃがりこおみやげ商品シリーズ。
旅先のお土産選びで迷った時に、おすすめできるお菓子です。

おまけ:ご当地お菓子のまとめ特集

その土地ならではの味が楽しめる「ご当地お菓子」は、お土産菓子としても優秀選手!

OMIYA!のご当地お菓子のまとめ特集も参考に、お土産選びを楽しんでくださいね。