OMIYA!写真撮影マニュアル

初心者でもカンタンで、おみやげを撮影するのによい方法は下記のとおりです。
プロだともっと色々なところにこだわると思いますが、最低限こだわってほしいポイントを書きます!

細かいところなどわかりにくいところがあれば随時加筆するので、質問いただければと思います!

1. 朝〜昼ぐらいに撮影する

朝日〜14時くらいまでの太陽の光が一番いい感じに撮影ができます。
この時間以外には「絶対に」撮影しないでください!

厳密に正しい色に撮影しようとすると難しいので、晴れの日であれば ホワイトバランスを太陽マーク
曇ってる日は曇りのマークにして撮影すると温かい雰囲気になりベストです。

AWB(オートホワイトバランス)でも問題はありません。

14時を超えてくると太陽の光が強すぎたり、色合いが変わってくるので気をつけましょう。

ただどうしても夜しか撮れない場合は、AWBか太陽マークの設定にして撮影するとよいでしょう。

2. 窓際でレースカーテンから漏れる光をつかう (できれば箱の手前をレフ版で照らす)

レースカーテンから漏れる光にすることで箱からでる影がきつくなりにくいのでおすすめです。

できれば、レフ板をつかいたいところです。
レフ板はコピー用紙をダンボールだどに貼り付けるだけでもいいので、自作して下の写真の部分が明るくなるように意識して撮影するといいと思います。

おみやげの写真

▼これはレフ板をちゃんと使ってない例です。
これでも使えますが、出来る範囲で影を柔らかくしてもらえると助かります。

おみやげの写真

3. 箱は斜めしてズーム撮影(箱の後ろになんでもいいのでかまして箱が傾くようにするに撮影する)

これもパッと見ではわからないですが、実は箱の後ろにスマホとか名刺入れとか いろいろと置いてて箱をできるだけまっすぐ取れるように意識しています。

カメラをズーム(拡大)して撮影することで箱が歪んで撮影することを抑えることができます。

おみやげの写真

おみやげの写真

4. 箱開封の撮影は箱の蓋もみせるといい

箱開封の写真をそのまま撮影するのではなく、開封した箱の蓋や封入物も一緒に撮影するといい印象になります、

いろいろなカタチのおみやげがあると思うので、できる範囲で臨機応変に撮影してもらえればと思います!

絶対これが正解!はありません。

おみやげの写真

おみやげの写真

おみやげの写真

中身の撮影は美味しそうにとるために 入れ物にいれてズームよりで撮影

下記のように自宅にあるものでいいので、何か器にいれてパッケージもうっすら見せつつ撮影するとキレイに見えやすいです。

これも絶対正解はないので、自分がおいしそう!って思えるように撮影してもらえればいいと思います。

食品は暖色系にしたほうがおいしく見えるので蛍光灯などで青くなりすぎないようにしましょう!

おみやげの写真

Follow us at: