2017年の土用丑の日はいつ?この日に食べる「土用餅」の歴史や種類・日持ちについてのまとめ

スポンサーリンク

土用丑の日といえば、うなぎを食べるのが一般的ですよね。

立夏の前の18日間のことを「土用」と言います。
その土用の期間中に来る丑の日のことを「土用丑の日」と呼んでいます。

2017年の土用の丑の日は、7月25日と8月6日の2日間。

元々、「土用の丑の日に『う』がつく食べ物を食べれば、元気に夏を過ごせる」という言い伝えがあったそう。
それを江戸時代のうなぎ屋さんが利用したことが、”土用丑の日はうなぎの日”の起源とも言われています。

しかし、地域によっては「土用餅」を食べるところもあります。
土用丑の日に食べるお餅とは、一体どのようなものでしょうか?

このページでは、土用丑の日に食べる「土用餅」の歴史や種類についてご紹介しますね。

「土用餅」って知ってる?アンケート結果を発表

土用餅はどれだけの人に周知されているのでしょうか?
事前に、「土用餅を知っていますか?」というアンケートを取ってみました。

気になる結果は、以下の通り。

土用餅は、主に関西や北陸で食べる風習があります。
そのため、関西・北陸の人とそれ以外の人でアンケート項目を分けてみました。

アンケート結果を見てみると、関西・北陸以外の人は知らない人が多いという結果に。
意外にも、土用餅の風習があるとされる関西・北陸の人でも知らない人が多くて驚きました。

『土用丑の日はうなぎ』というイメージが強すぎるのかもしれませんね。

では、土用餅がどのようなものか見ていきましょう!

土用餅ってどんなもの?

土用餅という名前で売られているお餅の多くは、あんころ餅です。
土用丑の日に食べることから、「土用餅」という名前で呼ばれているそう。

お餅の外側を小豆あんで包んでいることから、「土用ぼた餅」と呼ぶ地域もあります。
土用餅には、『甘いものを食べて精をつけよう!』という思いが込められているんですよ。

小豆の主成分は炭水化物がほとんどで、たんぱく質やビタミンなども豊富に含まれています。
そのため、土用餅は夏バテ予防にもぴったりなんですよ!

暑気払いになるという意味では、うなぎも土用餅も同じですね。

土用餅の歴史を見てみよう!

土用餅の歴史は、江戸時代が起源とされています。

その昔、宮中で暑気あたりをしないようにガガイモの葉を煮出した汁でもち米の粉を練り、丸めた餅を味噌汁に入れたものを土用の入りに食べる風習がありました。
それがいつしか、餅を小豆あんで包んだあんころ餅に変わったとされています。

暑気払いのために、あんころ餅を食べるようになったのがちょうど江戸時代あたりのこと。
これこそが、土用餅のはじまりだったのです。

小豆の赤は、厄除けの色・魔除けの色として古くより信じられてきました。
あんころ餅を食べることで、暑さに負けることなく元気に過ごせるという言い伝えが、今の土用餅に繋がっているのでしょうね。

ちなみに、土用餅を食べる習慣があるのは関西や北陸地方がほとんど。
特に、京都や金沢あたりでは、他の地域に比べて土用餅が浸透しています。

地域によっては、あまり馴染みがないという方もいるかもしれませんね。

いろいろな土用餅の紹介

土用餅(あんころ餅)は、地域によって特色が異なります。
また、土用餅という名前で呼ばれていなくても、条件を満たしているあんころ餅はいくつかありますよ。

ここからは、土用餅と呼ばれるお餅にどんなものがあるのか、地域ごとに見てみましょう!

藤江屋分大 土用餅(兵庫)

藤江屋分大 土用餅 中身の写真

「藤江屋分大 土用餅」は、7/20~7/24の間だけ販売される期間限定品。
小豆のやさしい甘さと噛みごたえのある食感は、王道な土用餅といった感じです。

こちらは日持ちが当日中となっているので、お店でしか買うことができません。
ですが、ひとつひとつが食べ切りサイズになっているため、食べやすさはバッチリ!
兵庫を訪れたらぜひとも食べたい土用餅です。

参考:藤江屋分大 土用餅の記事はこちら

赤福餅(三重)

三重といえば、「赤福餅」が有名です。
お餅の上にこしあんを乗せたものなので、土用餅としてもぴったり!

赤福餅は、なんと約300年前からあるお餅なんですよ。
名前も「赤福」と、なんだか縁起がよいですね。

同封されているへらを使い、豪快に食べるのがおすすめの食べ方です。

参考:赤福餅の記事はこちら

セキトの志んこ餅(秋田)

セキトの志んこ餅中身

こちらは秋田のセキトというお店でつくられている、「志んこ餅」。
“しんこ”というのは、うるち米を乾燥させてつくったお菓子のことです。

もち米でつくられた大福やおだんごに比べ、弾力のあるお餅になっていますよ。

たっぷりのこしあんと志んこ餅が、重箱に入れられて販売されています。
こちらも土用餅にぴったりですね!
お餅が一口サイズになっているので、食べやすいのも魅力的です。

参考:セキトの志んこ餅の記事はこちら

碓氷峠の力餅(群馬)

「碓氷峠の力餅」は、お餅をあんこで包んだシンプルな力餅です。
峠の釜めしで有名な群馬県安中市のおぎのやが製造・販売をしているお餅ですよ。

元々、碓氷峠の茶屋で往来する人々のためにふるまわれていたのがこの力餅です。
江戸時代から続く、歴史あるお餅なんですよ。

こしあんに包まれた弾力のあるお餅は、腹持ちもバッチリなのでバテ知らずに。
精をつけることが目的の土用餅にぴったりの品ですね。

参考:碓氷峠の力餅の記事はこちら

和菓子屋さんで土用餅を買ってみた!

今は和菓子屋だけでなく、コンビニやスーパーなどでも手軽にあんころ餅が買える時代になりました。
ですが、せっかくなら本格的な土用餅を食べてみたいところ。

今回は、長野で有名な和菓子屋さん「さくらざか 栄心堂」の土用餅を買ってみました!

土用丑の日の一週間前に行ったのですが、店頭にはちゃんと土用餅が用意されていました。
おおよその和菓子屋さんは、当日だけでなく土用入りの日あたりから土用餅を用意してあります。

栄心堂あんころ餅 外装

店頭では『土用餅』という札がついていましたが、商品名はあんころ餅となっています。
お店によっては、あんころ餅という名前のまま売られているところもあるので、気をつけましょう。

また、和菓子屋さんで売られている土用餅は、賞味期限が短いものがほとんど。
贈り物として土用餅を購入する際は、賞味期限に注意してみてくださいね。

栄心堂あんころ餅 開封した写真

栄心堂さんのあんころ餅は、お餅につぶあんがたっぷりついています。

ひとつあたりのサイズ感は手のひらにおさまるほど。
よくのびるお餅なので、食べやすいサイズにちぎって食べることができます。

栄心堂あんころ餅 中身アップの写真

なんと、中身はよもぎ餅!
控えめなあんこの甘さと、よもぎが香るお餅が絶妙なハーモニーを奏でてくれます。

弾力のあるお餅と、食べ応えのあるあんこですっかりお腹いっぱいに。
しばらく食べ物は何もいらないほど、腹持ちがよかったです。

和菓子屋さんで買えるあんころ餅は、日持ちしないものがほとんど。
だからといって冷蔵庫などに入れてしまうと、せっかくのお餅の柔らかさが損なわれてしまいます。
なるべく涼しいところに保管して、購入したらその日のうちに食べてしまうのがおすすめですよ。

ひとえにあんころ餅といっても、いろんな種類のあんころ餅があります。
お店によってはあんこが粒あんだったり、こしあんだったり、白いお餅ではないこともあるようですね。
せっかくなら、自分の好みにあったお餅を土用餅に選びましょう!

さいごに

2017年の土用の丑の日は、7月25日と8月6日です。

うなぎもいいですが、暑気払いするなら値段も手頃な土用餅もおすすめ!
ひとえに土用餅といっても、地域性があるので食べ比べてみるのも面白いですよ。

あんことお餅の組み合わせは、エネルギーも沸くので夏バテ予防にもぴったりです。

土用餅で暑気払いをして、元気に夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

柚木ゆうら

柚木ゆうら

長野出身のフリーライター。3児の母。長野から東京に出て、また地元に戻ってきたので郷土愛が深まりました。信州のおいしいものや魅力を発信したい!子どもと一緒においしく食べられるお土産をメインにご紹介していきます。

スポンサーリンク

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!