長崎県のおみやげ情報

異国情緒を感じる街・長崎。かつてポルトガルから砂糖や南蛮菓子が入ったこともあり、お土産も長崎独特のものがあります。

カステラをはじめとした南蛮菓子の流れを受け継ぐ菓子を楽しめるのが長崎土産の特徴。

もちろん、それ以外でもバラエティに富む美味しいお土産がたくさんありますよ。

長崎出身のOMIYA!ライターが、長崎県内のお土産を紹介していきますね。

定番の長崎土産

カステラ

長崎の定番土産といえば、なんといってもカステラ。

ただ、県内では幾つものメーカーが製造していますので、どこのカステラを買うか迷うところ。

OMIYA!で紹介している長崎カステラを一覧にしてみましたので、カステラ選びの参考にしてみてください。

福砂屋のカステラ

福砂屋のカステラ外装

こちらは創業1624年、カステラ本家福砂屋のカステラ。
わたしは何度か本店を訪れたことがありますが、いつ行っても旅行客で賑わっていました。

黄色いパッケージと紙袋が特徴で、遠くから見ても「あ、福砂屋のカステラだ」とわかるほどのインパクト。

カステラは、生地底部のザラメ糖が溶けずにしっかり残っているのが特徴。
このザラメが好きで福砂屋のカステラを選ぶ人もいるぐらいです。

参考:福砂屋のカステラの記事はこちら

文明堂総本店のカステラ

文明堂総本店のカステラ中身写真

文明堂総本店の創業は1900年。
いまや全国にある文明堂ですが、その始まりといえる総本店が長崎にあります。

ふわっとした生地とサクサクとしたザラメが美味しいカステラです。

参考:文明堂総本店カステラの記事はこちら

松翁軒のカステラ

松翁軒(しょうおうけん) カステラ 外装

創業1681年・松翁軒(しょうおうけん)のカステラです。
ふわふわ感があり、しっとりした生地が絶品!

先の2つのカステラのように全国に広く店舗展開をしていませんので、以外に長崎県外の人に知られていないというのが私の印象です。

ネット通販を除いて、九州外で購入できませんので、長崎土産としてオススメできるカステラですよ。

参考:松翁軒カステラの記事はこちら

代表的なカステラを3つ紹介しましたが、これ以外にもまだまだたくさんのカステラがあります。

ほかにもこんなカステラが!

まだOMIYA!で紹介していないカステラをあわせるとすごい数になりそう!

お土産屋さんでいろいろなカステラをさがしてみてくださいね。

スポンサーリンク

次はカステラ以外の定番を見ていきましょう。

角煮まんじゅう

長崎角煮まんじゅう

ふかふかの生地に豚バラ肉がど~んと入ったこちらのまんじゅう。
いまや長崎の名物ともいえる存在になっている「長崎角煮まんじゅう」です。

甘辛く煮てある豚の角煮がなんともいえないおいしさ!!
長崎空港に販売元の岩崎本舗が入店していますので、旅行の最後に購入するのもいいですね。

参考:岩崎本舗 長崎角煮まんじゅうの記事はこちら

長崎物語

長崎物語中身写真

ミニバウムクーヘンのお菓子「長崎物語」です。
こちらは長崎県内の駅や空港、またサービスエリアなどあちこちで見かけるお土産。

個人的にはとても好きなお菓子、オレンジピール入りのクリームがさわやかで美味しいですよ~!

参考:長崎物語の記事はこちら

おたくさ

「おたくさ」はあじさいの花びらをかたどったパイ生地のお菓子です。
わたしの韓国人の知り合いがおたくさをとても気に入り、帰国前に10箱ぐらい買って帰りました。

日本人だけではなく海外の人にも好まれるおたくさを、一度食べてみてはいかがでしょうか。

参考:おたくさの記事はこちら

九十九島せんぺい

長崎県佐世保市の観光名所「九十九島」にちなんだお土産です。
砂糖、小麦粉、ピーナッツで作られるパリッとした食感で甘みがあり美味しい。

わたしの妻によると「これめっちゃ気にいったから、今度絶対お土産に買う!」とのことですよ!

参考:九十九島せんぺいの記事はこちら

スポンサーリンク

長崎県内の地域別お土産

長崎県のお土産を地域別に分けてみました。
昔からの伝統を受け継ぐ菓子が残っており大変貴重です。

長崎旅行や出張で各地域を回るときの参考にどうぞ。

長崎県北部

カスドース

蔦屋カスドース中身写真

かつて南蛮貿易の拠点として栄えた町「平戸市」に伝来したのが、こちらのカスドース。
創業1502年の蔦屋が手がけています。

カスドースは、卵黄をからめたカステラを糖蜜で揚げ、仕上げにグラニュー糖をまぶしたものです。
とってもあま~い、食べる人を笑顔にするお菓子。

お菓子の歴史から考えると、カステラと同じくらいの長崎名物と言ってもいいぐらいです。

長崎土産でいつもカステラを買っているのであれば、一度カスドースをお土産にしてみてはいかがでしょうか。

参考:蔦屋カスドースの記事はこちら

長崎県中央部

諫早おこし

つかさ本舗 諫早おこし開封後

長崎・県央地域に入る諫早市の名物「諫早おこし」。
炒った米を飴で固めた干菓子です。

むかしから諫早の地は田畑に恵まれ米づくりが盛んでした。
採れた米を利用して菓子づくりを行い始めたのが1793年といわれており、それが後の諫早おこしにつながったとのこと。

昔ながらの形と味が残る、諫早市の名物。ザクザクとした食感とたっぷりの黒糖風味を一度味わってみてはいかがでしょうか。

参考:つかさ本舗 諫早おこし

長崎県南東部

かんざらし

島原かんざらし中身(拡大)

長崎県南東部に位置する島原地域の郷土スイーツ。

「きざら(中双糖)」と「はちみつ」を混ぜたシロップに、白玉だんごが入ったものです。

島原市内の飲食店で食べられますし、写真のかんざらしのように、お土産として持ち帰ることのできるものもありますよ。

参考:玉乃舎 島原かんざらしの記事はこちら

ラッキーチェリー豆

ラッキーチェリー豆の開封写真

かんざらしのほかに島原のお土産として有名なのが「ラッキーチェリー豆」。

そら豆を油で揚げ、砂糖・ショウガ・水あめを煮たものでコーティングした豆菓子です。

ボリボリと音のする食感が美味しく、一度食べたらとまりませんよ。

豆好き・生姜好きの人へのお土産としてはいかがでしょうか。

参考:ラッキーチェリー豆の記事はこちら

離島地域

かんころ餅

国見屋 かんころ餅外装

五島地方の郷土菓子といえる「かんころ餅」です。
かんころとはサツマイモをゆでて干した状態のもの。

このかんころにもち米を混ぜてつくられたのが、かんころ餅なんですよ。

ねっとり・もっちりしたサツマイモという感じがする味わいで、ほかでは食べられない独特な餅菓子です。

知る人ぞ知る長崎土産、これは一度食べてみるのをおすすめします!

参考:国見屋 かんころ餅の記事はこちら

スポンサーリンク

その他のお土産

ここまでで紹介したお土産以外にも、名物&定番といわれるお土産があります。

ざぼん漬

南蛮菓子の1つとして知られているのが「ざぼん漬」。

ざぼんはポルトガル船より持ち込まれた柑橘類で、当時盛んであった果物・野菜の「蜜漬け」とあいまって、ざぼん漬として発展していったんですよ。

お土産として見た目の派手さはありませんが、伝統ある南蛮菓子ですので、お土産リストの候補に入れておいてはいかがでしょうか。

参考:辰巳屋総本家 ざぼん漬の記事はこちら

一〇香(いっこっこう)

一まる香本家一〇香 中身写真

長崎や愛知県の郷土菓子として知られている一口香。写真のものは茂木一まる香本家の「一〇香」です。

写真を見てのとおり、このお菓子の特徴は中が空洞になっていることです。

製造の過程で皮のなかが空洞になるとのこと。生地の内側には黒糖あんが付いていますよ。

独特の食感と味わい、ぜひ一度食べてみてください!

参考:茂木一まる香本家「一〇香(いっこっこう)」の記事はこちら

クルス

クルス中身

長崎の定番土産の1つ「クルス」。
ホワイトチョコレートをサンドした薄いせんべいです。

ほのかに香る生姜がアクセントになっていて、パリッと何枚でも食べられます。

こちらも空港をはじめ、県内のあちこちで見かけるお土産なので購入しやすいです。

参考:クルスの記事はこちら

枇杷かすた

枇杷かすた 中身

最後に紹介するのは「枇杷(びわ)かすた」です。
枇杷とカスタードクリームの組み合わせは口当たりもよく、やさしい甘さがでています。

フルーツ・スポンジケーキ・カスタードクリームという3要素は、特に女性に喜ばれそうなお土産ですね。

参考:枇杷かすたの記事はこちら

南蛮文化を感じる長崎のお土産

いまでも南蛮菓子の伝統を感じることができる長崎のお菓子。
元祖カステラ、カスドース、ざぼん漬など、他の地域では味わえない珍しいものがあります。

もちろん昔の伝統を受け継ぎつつ誕生した、おいしいお土産もたくさん!

長崎を訪れた際には、ぜひ長崎を感じられるお土産をさがしてみてくださいね。

スポンサーリンク

長崎県にある空港から探す

長崎県にある駅から探す

長崎県にあるサービスエリアから探す

長崎県にある道の駅から探す

長崎県にある百貨店から探す

スポンサーリンク

長崎県のおみやげ139件

全 139 件中 1-15 件を表示

スポンサーリンク